高機能乳酸菌EF-2001
PB製品のご提案
学術資料
会社情報
用語解説

乳酸球菌とは?

BRMとは?

白血球とは?

TNFとは?

対談誌・書籍

免疫賦活物質BRM

近年「野菜をたくさん食べるとガンになりにくい」といった新聞記事をよく見かけます。皆さんは、それはビタミンをたくさんとれるからだと考えているようです。確かに、それも正しい見方の一つですが…。 しかし、その本体はビタミンではない新しい成分であることが明らかになってきました。

その新しい成分はビタミンやミネラルと関係のない成分であり、今までの栄養学ではまったく問題にされなかった物質です。この新しく発見された成分を総称して「BRM」と呼んでいます。
「BRM」への注目は、腫瘍免疫学の進歩により、体内で病気と戦う主役の細胞、「白血球(体を守る源=免疫)」の働きを高める物質が、淡色野菜等にあることが分かってきたことによります。 そして、この成分は特に乳酸球菌にたくさん存在していることも分かってきました。

BRMが白血球の機能を増進する働きを調べる方法は、いろいろ開発されています。日本ベルム株式会社では、白血球の主役である“マクロファージ”の出すTNF(腫瘍壊死因子)の働きに注目し、その活性を測定しております。



   

Copyright© 2008 NIHON BERUMU CO.,LTD ALL Rights Reserved