食品への添加

Addition to food

製造の安全性、そして免疫力活性効果etc...

だから日本ベルムの
加熱した乳酸菌は
凄いチカラを発揮する

生きた乳酸菌〜加熱処理を施した乳酸菌へ。日本ベルムの製造技術。

食品添加にピッタリな、
EF-2001の特性

「高濃度乳酸菌 EF-2001」は
粉末タイプなので
様々な加工用途に適しています。

食品へ、飲料へ、サプリメントへ、化粧品へ

わずかな量の原材料に
どれだけ多くの良質な乳酸菌を
含んでいるか

コストの面でも、そこが大切なポイントです。

例えば100億個の乳酸菌※1を添加する場合日本ベルムの「高濃度乳酸菌 EF-2001」ならわずか、1.34mg

少量で済むから。死菌だから。

コストパフォーマンスが良い味に影響が出ない品質が安定している

代表的な加熱処理乳酸菌の1グラムあたりの菌数比較表※1.ヨーグルト1個100億個とした場合

市販されているヨーグルト1個あたりの乳酸菌量で比較しても「EF-2001」の菌数は一目瞭然。同じ量の加熱処理乳酸菌の場合、乳酸菌Cの約15倍もの乳酸菌を摂取することが可能です。
高濃度であるからこそ、少量で必要量の添加が可能、毎日の健康をサポートします。

だから、EF-2001が
選ばれています

製造技術

日本ベルム株式会社では、乳酸球菌Enterococcus faecalis(エンテロコッカス・フェカリス)EF-2001を加熱し、白血球を活性化する能力をさらに高めるよう処理しています。このように、加熱安定化することにより、今までの乳酸菌素材には無かった次のような特性が生まれます。

抗ガン活性の比較図

品質管理

免疫力を高める物質はBRM(Biological Response Modifier)と総称されており、 人に本来、備わっている免疫力を高めるという目的で、BRMは医薬品としても利用されています。当社では乳酸菌EF-2001の持つBRMとしての力を、より確かなものとして商品化するため、抗がん剤としての医薬品原料OK432を指標にし、免疫力の「活性評価テスト」を行っています。この「活性評価テスト」を商品出荷のロット毎に毎回行い、医薬品に対して70%以上の力価を有する製品のみを商品化するという厳しい品質基準を採用しています。