ベルムラボ乳酸菌でカラダの可能性を追求し続ける日本ベルムの「学術資料」

学術資料

論文一覧

免疫乳酸菌EF-2001に関する論文一覧

PDFファイルです。

International Journal of Molecular Sciences 2022,5

Heat-Killed Enterococcus faecalis EF-2001 Induces Human Dermal Papilla Cell Proliferation and Hair Regrowth in C57BL/6 Mice

熱処理EF-2001よる、C57BL/6マウスでのヒト皮膚乳頭細胞の増殖と発毛を誘導

実験ではEF-2001により、濃度依存的にヒト真皮乳頭細胞が増殖。またマウスの背中表面に局所塗布し、発毛を確認。EF-2001が、成長因子とマーカー遺伝子の発現レベルを増加させることにより、発毛の進行を加速し、休止期から成長期への毛包の変換を促進させることを示唆しています。

PDFファイルです。

Foods 2022

Heat-Killed Enterococcus faecalis EF-2001 Attenuate Lipid Accumulation in Diet-Induced Obese (DIO) Mice by Activating AMPK Signaling in Liver

熱殺菌Enterococcusfaecalis EF-2001による肝臓のAMPKシグナル伝達活性化と、食餌誘発性肥満(DIO)マウスの脂質蓄積の減衰

EF-2001は、マウス肝臓におけるp-AMPKおよびp-ACCの発現を有意に増幅し、PPARγ、SREBP-1、およびFASを低減させました。これらの結果は、EF-2001がAMPK経路を介して食餌誘発性肥満モデルマウスの脂質蓄積を減少させ、高脂肪食による肝臓の損傷を改善することを示唆しています。

PDFファイルです。

Journal of Psychiatric Research 148 (2022)

AntidepressanteffectsofEnterococcusfaecalis2001throughtheregulationofprefrontalcorticalmyelinationviatheenhancementofCREB/BDNFandNF-κBp65/LIF/STAT3pathwaysinolfactorybulbectomizedmice

嗅球切除マウスにおけるCREB/BDNFおよびNF-κBp65/LIF/STAT3経路の増強を介した前頭前野皮質髄鞘形成の調節を介したEnterococcusfaecalis2001の抗うつ効果

前頭前野(PFC)の脱髄が、大うつ病性障害の動物モデルである嗅球切除(OBX)マウスのうつ病様行動と関連していることを発見。OBXマウスは、尾懸垂、飛沫、およびショ糖嗜好性試験で抑うつ様行動を示し、PFCで成熟オリゴデンドロサイトとともにミエリンおよび傍結節タンパク質を減少させました。これらの行動的および生化学的変化はすべて、EF-2001の投与によって防止効果が見られた。さらに、EF-2001により、PFCの脳由来神経栄養因子(BDNF)と白血病抑制因子(LIF)が増加。これらの結果より、EF-2001の投与は、CREB/BDNFおよびNFKBp65/LIF/STAT3経路の増強を介して前頭前野の髄鞘形成を調節することにより、うつ病のような行動を防ぐことを示唆しています。

PDFファイルです。

Jpn Pharmacol Ther vol. 49 no. 6 2021

Immunological Benefits of Enterococcus faecalis 2001 in Healthy Volunteers

(薬理と治療)vol. 49 2021 健常者におけるEF-2001の免疫学的利点

被験者にEF-2001を4週間投与した後、アラニンアミノトランスフェラーゼレベルは低下し、血清IgMは上昇しました。 治療前後の臨床値に他の変化はありませんでした。 これらの結果は、EF-2001が正常な被験者の免疫学的能力を安全に高める可能性があることを示唆しています。

PDFファイルです。

Behavioural Brain Research 408(2021)

Activation of cholinergic system partially rescues olfactory
dysfunction-induced learning and memory deficit in mice

Behavioural Brain Research 408(2021)
コリン作動性システムの活性化による、マウスの嗅覚機能障害によって誘発された学習と記憶障害の一時的な解決

マウスの嗅覚障害は、アルツハイマー病などの神経変性疾患に関連しています。
この論文の実験では、コリン作動性システムを介した嗅覚機能が短期記憶と密接に関連している可能性があることを示唆しています。

PDFファイルです。

Physiology & Behavior 223 (2020)(1.6MB)

Antidementia effects of Enterococcus faecalis 2001 are associated with enhancement of hippocampal neurogenesis via the ERK-CREB-BDNF pathway in olfactory bulbectomized mice

Physiology & Behavior 223 (2020)
嗅球切除マウスのERK-CREB-BDNF経路を介した海馬神経新生の増強に関連するEnterococcus Faecalis EF-2001の抗認知症効果

本研究では、嗅球切除(OBX)マウスの認知行動とその分子メカニズムに対するEF-2001の効果を調査しました。OBX誘発性の認知機能障害はEF-2001によって有意に抑制され、さらにOBXマウスの海馬で観察されたp-ERK1/2、p-CREB、BDNF、DCXレベルおよび神経新生の低下も回復しました。これらの結果は、EF-2001によって誘発される抗認知症の影響が、ERK-CREB-BDNF経路を介した海馬の神経新生の増強に関連していることを示唆しています。

PDFファイルです。

Journal of Neuroinflammation 31 October 2019;16(1): 201(13.2MB)

Effect of Enterococcus faecalis 2001 on colitis and depressive-like behavior in dextran sulfate sodium-treated mice: involvement of the brain–gut axis

Journal of Neuroinflammation 31 October 2019
デキストラン硫酸ナトリウム処理マウスの大腸炎および抑うつ様行動に対するEF-2001の影響:脳と腸の関係

潰瘍性大腸炎やクローン病を含む炎症性腸疾患(IBD)の患者は、うつ病や不安神経症などの精神障害の発生率が高くなります。
飲料水中のデキストラン硫酸ナトリウム(DSS)によって誘発されたIBDのマウスはうつ病のような行動を示し、腸内細菌叢の乳酸菌の存在は、うつ病性障害に関連しています。そこで、乳酸菌EF-2001がDSS誘発性のうつ病様行動や末梢症状の変化を予防するかどうかを検討しました。
EF-2001は、直腸および海馬の炎症性サイトカインの減少を介してIBDのような病状と鬱病のような行動を防ぎ、海馬のNFκBp65/XIAP経路を促進しました。 私たちの調査結果は、IBDとうつ病の密接な関係を示唆しています。

PDFファイルです。

Beneficial Microbes, 2019; Vol.10, No.6(3.3MB)

Evaluation of the effect of a heat-killed lactic acid bacterium,Enterococcus faecalis 2001, on oral candidiasis

Beneficial Microbes 2019; Vol.10, No.6
口腔カンジダ症に対する加熱処理乳酸菌EF-2001の効果の評価

EF-2001が口腔カンジダ症に及ぼす影響を、2つの研究で評価しました。口腔菌株の菌糸成長に対する阻害効果を評価するためにinvitro試験、臨床試験を実施しました。
この実験は、EF-2001が菌糸体の成長を阻害することにより口腔カンジダ症患者の口腔カンジダ負荷を有意に減少させ、口腔カンジダ症の効果的な治療法であることを示唆しています。

PDFファイルです。

Journal of Life Science 2019 Vol.29.No.2.(1.8MB)

Effect of Heat-Killed Enterococcus faecalis, EF-2001 on C2C12 Myoblast Damage Induced by Oxidative Stress and Muscle Volume Decreased by Sciatic Denervation in C57BL/6 Mice

Journal of Life Science 2019 Vol.29.No.2
酸化ストレスによって誘発されたC2C12筋芽細胞損傷とC57BL/6マウスの坐骨神経痛によって減少した筋肉量に関する熱殺菌したEF-2001の効果

筋肉の機能障害は、加齢、怪我、酸化ストレス、および遺伝性疾患によって引き起こされる骨格筋の萎縮から生じる可能性があります。この研究では、筋萎縮に対するEF-2001の効果を調べました。坐骨神経の除神経後に筋肉量が減少し、EF-2001の経口投与後に回復しました。EF-2001は筋萎縮の治療の候補であり、EF-2001の追加効果の将来の発見は、さまざまな分野で有用な活動を伴う機能性食品としてのさらなる応用をもたらす可能性があります。

PDFファイルです。

PLOS ONE February 28, 2019  (1.9MB)

Enterococcus faecalis EF-2001 protects DNBS-induced inflammatory bowel disease in mice model

PLOS ONE 2019年2月28日
DNBS誘発性炎症性腸疾患からのEF-2001によるマウスモデルの保護

この研究の目的は、炎症性腸疾患(IBD)のモデルに対する熱殺菌されたEF-2001の保護効果を評価することでした。EF-2001治療は、炎症を起こした結腸において、シクロオキシゲナーゼ(COX)-2、誘導型一酸化窒素シンターゼ(iNOS)、インターフェロン(IFN)-γ、インターロイキン(IL)-1β、およびIL-6を含むいくつかのサイトカインの発現を減少させました。 さらに、EF-2001はDNBS誘発性の結腸組織破壊を抑制しました。EF-2001がマウスIBDに関連する炎症を軽減できることを強く示唆しています。

PDFファイルです。

Journal of Life Science 2018 Vol. 28. No. 11  (1.5MB)

Anti-inflammatory Effect of Heat-Killed Enterococcus Faecalis, EF-2001

Journal of Life Science2018Vol。 28. No. 11
熱殺菌されたEnterococcus FaecalisEF-2001の抗炎症効果

本研究では、LPS誘発マクロファージ炎症反応に対するEF-2001の効果を調査しました。EF-2001による治療は一酸化窒素(NO)産生を減少させ、炎症反応を抑制します。またEF-2001はマクロファージに細胞毒性を示しません。また、EF-2001はLPSによって誘発される誘導型一酸化窒素シンターゼおよびシクロオキシゲナーゼ-2の発現を減少させました。さらに、核内因子κB(NF-κB)およびマイトジェン活性化プロテインキナーゼ経路(ERK、JNK、p38リン酸化など)に関与するいくつかの炎症性分子のLPS誘導を濃度依存的に低下させました。EF-2001はAktリン酸化を阻害し、NF-κBの阻害剤である阻害性κB(IκB)タンパク質の発現を増加させました。 EF-2001はp65の核移行も抑制しました。これらの結果は、EF-2001が抗炎症作用を持ち、炎症性疾患の治療に役立つ可能性があることを示唆しています。

PDFファイルです。

Current Pharmaceutical Biotechnology, 2017, Vol. 18, No. 8  (3.2MB)

Pharmaceutical Production of Anti-tumor and Immune-potentiating Enterococcus Faecalis-2001 β-glucans: Enhanced Activity of Macrophage and Lymphocytes in Tumor-implanted Mice

Current Pharmaceutical Biotechnology、2017、Vol。 18、No.8
抗腫瘍および免疫増強EF-2001β-グルカンの医薬品生産:腫瘍移植マウスにおけるマクロファージおよびリンパ球の活性の増強

熱処理されたEF-2001は、ラジカル除去、抗腫瘍活性、抗酸化能、ならびにマウスの免疫増強反応について調べました。リンパ球の数はEF-2001治療群で増加しました。2つの異なるエーリッヒ固形癌および肉腫S-180細胞を有するマウスにおいて、EF-2001による治療は抗腫瘍作用をもたらしました。EF-2001による治療時の腫瘍抑制能力は、正常な対照と比較して有意に増加しました。
EF-2001のプライミングと二次投与の間の5週間の時間間隔投与中に、TNF-αの発現と産生レベルもEF-2001を投与したマウスで観察されました。 さらに、S-180細胞の増殖がEF-2001によって明らかに阻害されたため、34回間隔でEF2001の静脈内投与で調べた抗腫瘍活性も観察されました。

PDFファイルです。

Pharmacometrics 93(2017)  (571kB)

The Role of Supplement EF-2001 Containing Enterococcus Faecalis on Murine Ileal Immune Responses

Pharmacometrics 93(2017)
マウスの回腸免疫応答におけるEnterococcusFaecalis EF-2001を含むサプリメントの役割

腸内細菌叢とパイエル板(PP)は免疫力を高める上で重要な役割を果たしており、乳酸菌の摂取は有益であると考えられています。コンカナバリンA(Con A)の有無にかかわらず、マウスPP細胞を使用して、EnterococcusfaecalisEF-2001が腸の免疫調節にどのように影響するかを研究しました。
Con Aと共刺激された培養PP細胞の培養IL-2におけるTヘルパー1(Th1)、サイトカインIL-2の産生は、EF-2001を投与したマウスで減少しました。 さらに、Th 1サイトカインに起因するインターフェロン(IFN)-yの産生は、同じ用量でのEF-2001投与によって劇的に増強されました。EF-2001が特にB細胞とTh 1で腸の免疫応答を調節し、恒常性の維持に寄与する可能性を示唆しました。

PDFファイルです。

Toxicological Research 2018.Vol.34 (870kB)

Subchronic Oral Dose Toxicity Study of Enterococcus Faecalis 2001 (EF 2001) in Mice

Toxicological Research 2018.Vol.34
マウスにおけるEnterococcus Faecalis EF-2001の亜慢性経口用量毒性試験

マウスで熱処理されたEnterococcusFaecalis(EF-2001)の一般毒性試験の一環として毒性を調べました。経口摂取の安全性は、一定量を強制経口投与された6週齢のオスおよびメスのICRマウスで調べられました。
この試験は、「医薬品の非臨床試験のガイドライン2002」に記載されている一般的な毒性試験の方法に従って、対照として蒸留水を使用して実施されました。検査の結果、オスとメスの両方について対照群とEF-2001投与群の間に有意差がないことを明らかにしました。EF-2001の単回および反復経口投与では、顕著な毒性は確認されず、観察期間中に異常な症状または死亡を引き起こしませんでした。また血球数や臓器重量にも異常は見られませんでした。

PDFファイルです。

Current Pharmaceutical Biotechnology 2017.Vol.18 (1.4MB)

Pharmaceutical Production of Anti-tumor and Immune-potentiating Enterococcus Faecalis 2001

Current Pharmaceutical Biotechnology 2017.Vol.18
抗腫瘍および免疫増強のためのEF-2001の医薬品生産

EF-2001は免疫調整薬(BRM)として使用されています。保管と安全性における細菌の保存の生理学的制限から、生きているE. faecalis 2001がビート処理され、EF-2001と名付けられた高レベルのB-グーカンを含むBRM成分が調製されました。この研究ではEF-2001の腫瘍の根治的除去および抗腫瘍活性の抗酸化能、ならびにマウスの免疫増強反応について調べました。
EF-2001による治療時の腫瘍抑制能力は、正常な対照と比較して有意に増加しました。EF-2001による抗酸化活性とNK細胞およびTNF-αによる抗腫瘍活性により免疫応答が増強されることが示唆されました。

PDFファイルです。

Food Science and Biotechnology 2016 (3MB)

Effect of Enterococcus faecalis EF-2001 on Experimentally Induced Atopic Eczema in Mice

Food Science and Biotechnology 2016
マウスで実験的に誘発されたアトピー性皮膚炎に対するEnterococcus Faecalis EF-2001の効果

EF-2001がアトピー性皮膚炎(AE)に及ぼす影響を評価しました。マウスにEF-2001を4週間経口投与し、皮膚および表皮の耳の厚さ、耳組織の肥満細胞浸潤、および血清IgEおよびIgG 2aレベルを評価しました。EF-2001は、組織病理学的分析および血清IgEレベルに基づくAE症状を軽減しました。EF-2001には免疫調節特性を介してAEの治療に潜在的な薬効がある可能性があることを示唆しています。

PDFファイルです。

Nutrients 2016 (2.2MB)

Heat-Killed Enterococcus faecalis EF-2001 Ameliorates Atopic Dermatitis in a Murine Model EF-2001のアトピー性皮膚炎改善効果

Nutrients 2016
加熱処理されたEnterococcus Faecalis EF-2001は、マウスモデルのアトピー性皮膚炎を改善します

EF-2001がアトピー性皮膚炎に及ぼす影響(AE)を評価しました。EF-2001は、耳の厚さ、組織病理学的分析、および血清IgEレベルに基づくAE症状を軽減しました。さらに、EF-2001は耳の肥満細胞浸潤を弱め、CDNB/DFEは耳、脾細胞、頸部リンパ節のさまざまな病原性サイトカインレベルを誘導しました。したがって、このデータはEF-2001がその免疫調節特性を介してAEの治療に潜在的な薬効がある可能性があることを示唆しています。

PDFファイルです。

2014MedicalMycology-Vol. 55 (1.7MB)

Protection of Mice from Oral Candidiasis by Heat-killed Enterococcus faecalis, possibly through its Direct Binding to Candida albicans

2014MedicalMycology-Vol. 55
カンジダ・アルビカンスへの直接結合を介した、加熱処理EF-2001による口腔カンジダ症からのマウスの保護

共生微生物である口腔カンジダ症に対する新しい治療法を開発するために、EF-2001がin vitroでのカンジダ増殖を調節する能力と、invivoでのマウスモデルに対する治療活性についてテストしました。熱殺菌したE.フェカリス菌株EF-2001をC.アルビカンス菌株TIMM1768の培養物に添加すると、マイクロタイタープレートへの後者の付着が用量依存的に阻害され、EF-2001に囲まれたカンジダ細胞が観察されました。組織学的分析では、EF-2001がカンジダ感染領域の近くの多形核細胞の蓄積を増強する可能性があることを示しました。これらの結果は、EF2001の経口投与が口腔カンジダ症に対する保護活性を有し、in vivo活性がEF-2001とin vitroでのカンジダ細胞との間の直接相互作用およびEF-2001の免疫刺激効果の増強によって反映される可能性があることを示唆しています。

PDFファイルです。

日本未病システム学会雑誌 Vol.17 No.1 2011 (2.15MB)

未病治療における乳酸菌の有用性~
・潰瘍性大腸炎に対するEF-2001乳酸菌の有用性及びサイトカインの正常化作用
・EF-2001乳酸菌の抗腫瘍効果及びNK細胞の活性化作用

PDFファイルです。

医学と生物学・第152巻・第5号 (3.00MB)

水溶性プロポリス(WSP)と乳酸産生菌(EF-2001)の混合物による抗腫瘍作用及び抗酸化作用

PDFファイルです。

Medicine and Biology 151(9) (3.04MB)

Radiation Protection Effect for EF-2001(Enterococcus Faecalis 2001)

PDFファイルです。

医学と生物学・第151巻・第10号 (2.29MB)

乳酸菌(EF-2001)の抗高脂血症に対する研究

PDFファイルです。

医学と生物学・第144巻・第1号 (2.87MB)

大腸菌のICRマウス静脈内感染と足蹠浮腫反応に対する乳酸産生菌Enterococcus Faecalis EF-2001加熱死菌体摂食の効果

PDFファイルです。

医学と生物学・第143巻・第3号 (2.72MB)

乳酸産生菌Enterococcus Faecalis EF-2001加熱死菌体由来水溶性抽出物の抗腫瘍効果

PDFファイルです。

医学と生物学・第140巻・第3号(1.22MB)

乳酸産生菌Enterococcus Faecalis EF-2001加熱死菌体外来大腸菌の排除促進作用

PDFファイルです。

医学と生物学・第139巻・第2号(1.67MB)

乳酸産生菌Enterococcus Faecalis EF-2001加熱死菌体の血清学的確認法

PDFファイルです。

食品工業Vol.44 加熱処理乳酸菌「EF-2001の生理効果と食品への応用」 (351KB)

加熱処理乳酸球菌「EF-2001」の生理効果と食品への応用